2008年1月アーカイブ

口が臭いと言われて悩んでいませんか?
口が臭いのはわかっているけれど、歯を磨いてもやっぱり時間が経つと口臭が強くなってしまうなんてことはありませんか?
口臭があると口を開けるのが怖くなり、人と話すのことも人前で笑うこともためらうようになってしまい、憂うつの原因となることがあります。

口臭はあなたの生活習慣と関係があるのをご存知ですか?
口臭を防ぐためにまずはあなたの生活習慣をチェックしてみましょう。

・朝食を抜いたり、食事時間が不規則である。
寝ている時は唾液の分泌が抑制されるため、口の中の菌が増殖し、朝起きた時口臭が強くなります。朝食をとると唾液が分泌され口臭が弱まります。食事後は唾液が分泌されるので口臭が弱まり、食事前は口臭が強まる傾向があります。規則正しい食生活を心がけましょう。
・物を食べるときによく噛まないで飲み込んでしまう。
物を食べるときによく噛まないでいると、唾液があまり分泌されないため、口臭の原因となります。物を食べる時はよく噛んで唾液の分泌を促進しましょう。
・硬いものをあまり食べない。
硬いものを食べずに柔らかいものばかり食べていると、噛む回数が少ないため唾液があまり分泌されないため、口臭の原因となります。硬いものも食べてしっかりと噛み、唾液の分泌を促進しましょう。
・あまり水分をとらない。
水分をあまりとならないと口の中が乾くため、菌が増殖し口臭の原因となります。水分をしっかり補給し長時間口の中が乾いた状態で過ごすことがないようにしましょう。
・睡眠不足、ストレスがたまっている。
睡眠不足だったり、ストレスがたまっていると唾液の分泌が減少するため菌が繁殖し口臭の原因となります。睡眠をしっかりとりましょう。また、ストレスはためずにリラックスする時間をとるようにしましょう。
・ 口呼吸をする
口呼吸をしている人は口の中が乾きやすくなりまます。そのため唾液の分泌が減少し、菌が増殖するため口臭の原因となります。呼吸に気をつけましょう。
・ タバコをたくさん吸う
タバコを吸う人には口臭の原因の1つとなる歯周病が多くみられます。タバコの吸いすぎに気をつけましょう。また口の中のケアをしっかりするようにしましょう。
・ お酒をたくさん飲む。
お酒を飲むとお酒の成分の1つであるアセトアルデヒドがさまざまな粘膜から出るため口臭を起こします。お酒を飲むことで口の中が乾き唾液の分泌が減少することもまた口臭の原因の1つとなります。お酒は飲み過ぎないように注意しましょう。また、お酒を飲んだときは水分をしっかり補給しましょう。

生活習慣を見直し、口臭を予防しましょう。

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1